養育費の扱いとは

養育費は子供の養育する為に必要な費用ですが、もし国際結婚をしていて離婚した場合で相手に親権が有る場合は子供を育てている外国人元配偶者に支払う必要が有りますが、金額は育てる国で大きく変わりますので基本的には育てる国のレートで金額を算出し支払い事になります。

支払い方法は支払先が外国になりますので、基本的には本国に送金すると言う方法が最も多く利用されている方法で多くの離婚した元夫が支払いの時に利用しています。送金方法は銀行でも手続きされる事が多く、もし相手の本国の銀行の支店が近所に有り、相手がその銀行の口座を持っている場合は至急の時は振り込みや口座に入金するなどの方法も考えられます。

日本の法律上では使い道は親権者に一任されていますが、それも相手の本国により法律は異なりますので様々ですが基本的には子供を育て上げる為に使わなければいけないお金ですので、親権者が自分の欲求を満たす為だけに使うのは法律では規制出来ませんが、道徳上問題が有ると言う事は万国共通のモラルでもありますので親権者は使い道を慎重に考える必要が求められます。

外国人元配偶者も日本人元配偶者も子供に対する愛情は万国共通である事は間違い有りませんので、是非とも正しい使い方で子供を立派に育て上げる事を元夫や元妻も期待しているのは間違い有りません。

コメントは受け付けていません。