国ごとに扱いが異なる離婚と親権

さて、国際結婚をされた人の中で、常に気になるのが離婚やお子さんの権利に関しての問題でしょう。teacher01_mもしあなたの子供のパスポートが、あなたのお相手の国と日本のパスポートを両方持っているのであれば、お子さんは二重国籍になります。
また最近ではハーグ条約が締結され、日本もこの国際法の遵守対象となりました。ですので、もしあなたのお子さんが日本に住んでいるのであれば、お子さんは日本に居なければいけないことになりますが、逆にあなたのお子さんが同じくこのハーグ条約の締結国に居る際は、生活の基盤があるその国に居なければいけません。そしてもし親権や離婚の裁判を裁判所で起こす場合は、そのお子さんが居る場所、そしてあなたと配偶者の生活の基盤があった国の裁判所で、離婚に関しての手続きや法廷での権利の主張を双方に行なうのが妥当でしょう。ただ、日本と違い離婚や親の権利に関しては、その国ごとの定めがあり、もしあなたがそれらに不服であるのであれば、当然の事ながらそれに関しての申し立てを裁判所に申請することができます。
いずれにしても、このタイプの問題は時として法律の素人には複雑となります。もしよりスムースな法的な手続き等を期待しているのであれば、法律の専門家などに相談する事をお勧めします。

コメントは受け付けていません。