‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

格差婚で男<女の場合

2014/12/27

よく芸能人でも、格差婚が話題になっています。
有名な女優があまり売れていない芸人や俳優と結婚したり、一流の俳優があまりパッとしないアイドルと結婚したりするケースも多くあるようです。

このような場合には、大抵は男性のほうが有名で売れている俳優や芸人の時は、上手くいくことがあるようですが、女性のほうが売れている場合には、なかなか結婚生活も難しいようです。

なぜなら、男性の中には、結婚すれば女性は家事や育児をするものだという考えを持つ人もいて、収入面で女性のほうが多く稼いでいても、それを当たり前と考えることもあるからです。

これは女性にとっては、かなり辛いものであり、仕事もこなし、家事や育児もしなければならないとなると、精神的にも肉体的にも疲れてしまいます。
これと同じことが、一般人にも言えます。

現在では、結婚しても仕事を続ける女性が増えて、男性も自分の母親が働いているのを見て育っていますので、自然と妻を手伝うという人も多いようです。

しかし、中には家事を全くしたことが無いという男性もいて、そういう人が結婚した場合には、いろんな問題が発生してしまいます。

当たり前のように妻に家事や育児を求めるのに、最近では収入面で不安がある男性も多く、妻にも働いて欲しいと希望するケースもあります。
そうなってくると、妻のほうは我慢も限界となります。

いくら好きで結婚したとしても、やはり相手の嫌な面ばかりが強調されてしまいます。
夫婦が円満に過ごすためには、男性も家事や育児を手伝うように心がけましょう。

お互いに売れっ子にありがちな離婚理由

2014/12/27

芸能人でも有名なタレント、お笑い芸人、俳優となるとそれだけ結婚や離婚には、世間の注目を浴びるようになります。

実際に、相手のどちらかが一般の方の場合には結婚の際にも、大がかりなテレビ中継を企画することはほとんどありませんが、お互いに今を時めく売れっ子同士の結婚だと、テレビ中継をするカップルも少なくありません。

それだけ、芸能界、財界などにも交流や人脈があるからでしょう。

しかし、こんな風に華々しく挙式を中継しても、ありがちなのが離婚です。
実際に、豪華な結婚式や中継をしたとしても、結婚生活が長く続くわけでもありません。
離婚するに至るには、それなりの理由があるからです。

しかし、挙式時のイメージが鮮烈なので、視聴者やファンに取れば、その落差が大きくなって来るのも仕方ありません。
返って、離婚をすることでまた世間からの注目を再び向けられるようになったカップルもあるほどです。

それだけに、おたがいに多忙な芸能界と言う世界で常に売れている状態を保つには、それなりの代償が結婚生活にも影を落としているとも言えます。

現実問題として、多忙極まりない夫婦になれば会える時間と言うのもわずかになり擦れ違いから心が離れてしまうと言うケースも少なくありません。

結婚式がテレビ中継されるカップルと離婚確率

2014/12/27

華やかな芸能界の結婚式は、しばしばテレビや雑誌などのマスコミで話題になります。mobile02_l.
それと同じように騒がれるのが、有名人の離婚問題です。
特に、大物芸能人が司会をしてテレビ中継したようなハデ婚カップルに離婚が目立ちます。
印象に残っているのは、司会者によるバラエティ番組のようなにぎやかな結婚式や、大物らしいゲストが大勢参列している結婚式の盛大な雰囲気ですが、その後の幸せはハデ婚のゴージャスさに必ずしも比例しないようです。
よくいわれるように、結婚式はゴールではなくスタートという考えを持っていたら、二人の新しい生活も堅実に始められる可能性が高いです。
新婚生活は、お互いの今まで見えなかった生活習慣や考え方の違いと向き合うことの連続です。
交際中や結婚に向けて夢中な時期には気持ちが盛り上がって、わからなくなっていることもあります。
例えば、日常における愛情表現の頻度や、食事に関する好みの違い、男女の役割に関する考え方などで衝突するケースがあります。
有名人の場合でも、こうした生活上の習慣の地道なすり合わせが重要だという認識を持っていない人は、夢のような結婚式とのギャップに苦しんで、離婚に至る確立が高いと考えられます。

国際離婚と面会交渉権について

2014/12/27

面会交渉権は、親権や監護者にならなかった親が子供との面会や一定期間一緒に過ごす権利を要求することを言います。日本人同士の夫婦であれば、話し合いで決めます。そして、話し合いが決裂した場合は、調停や裁判で決着をつけます。日本で外国人元配偶者と離婚した場合は、日本の法律が適用されるので子供との面会は、日本人同士の離婚と同じように話し合いかまたは日本の家庭裁判所によって決められます。しかし、離婚したときに相手の国に住んでいる場合は、外国人元配偶者の国の法律が適用されます。その国の法律によって子供の面会の権利についての取り決めは違うため前もって調べておくことが必要です。国際離婚では、親権や子供の面会の権利をえられなかった親が本国に戻るときに無理やり子供を連れていく事件が問題になっています。国際結婚すると外国人配偶者として在留資格があたえられますが、基本的に離婚するとその国での在留資格は喪失してしまいます。子供を養育していれば、離婚後もその国で在留資格を得ることが近年認められてきています。しかし、子供の親権も監護者にもなれなかった場合、ほかの在留資格がなければ子供と離れて本国に帰らないといけなくなるため、ほぼ子供と会う機会はなくなります。そのため、上記のような子供を強引に本国へ連れていく事件が外国人元配偶者との離婚では起こりやすい原因です。

日本での親権について

2014/12/27

今、メディアではよく国際結婚の夫婦が離婚して自分の子供を自国に連れ去る事件を報道しています。日本の民法では親権に属する子は成年に達しない子であると定められています。なお、未成年者が婚姻した場合、これによって成年に達したものとみなされます。親は子の監護および教育をする義務と責任があります。「子の利益のために」という文言が追加され、子の精神的・肉体的成長を図らなければなりません。それから居住指定権があり、子の監護のために子の居住場所を定めなければなりません。なお児童虐待の場合はこの限りではありません。それから懲戒権というのがあり、必要な範囲で自分の子を懲戒できます。しかし度を越えた濫用は許されません。そのほかにも職業許可権・財産管理権・子の代理権などがあります。すべては子の利益を守ることが重大視されます。ところが共同代理の特則というのがあって、第三者の利益を守るための特例もあります。これは父母の片方が子に代わって代理をした場合、子がこれを承認したときは相手方が悪意でない限り、他の一方の意思に反した場合でも有効となります。また利益相反行為といって、同一の親のもとでも子ともう一人の子の利益が相反する場合は家庭裁判所に特別代理人の選任を請求しなくてはなりません。

国際離婚での子供の扱いについて

2014/12/27

グローバル化が広がる現在の社会では、国際結婚をする夫婦も多く日本も年々国際色豊かな夫婦が生まれています。
夫婦関係が順調にいっていれば良いですが、いざ離婚となったときは子供がいる夫婦の場合は問題がこじれることがよくあります。

近年一方の親が国外へ子供を連れ去り、海外で行方が分からなくなるという事件が日本で問題視されていました。これはハーグ国際私法会議で定められた「ハーグ条約」に日本が長い間未加入だったためです。

ハーグ国際私法会議では子供の権利を第一に考え、原則としては子供が国籍を有している国または住居を構えている国において法にのっとった議論をする取り決めがあります。
そのため一方的に子供を連れ去ってしまったとしても、ハーグ条約に加盟している国であれば返還要請をすることにより子供を取り戻すことが出来るのです。

2014年4月には日本もハーグ国際私法会議に加盟したため、諸外国と同じように子供の権利を守るために様々な働きかけをすることが可能になりました。
これによって今までは離れ離れの状況だった親子が再会することが増え、正しい話し合いを持つ機会が与えられます。

国際結婚をした日本人のうち、年間約2万人が離婚している現在の日本では、子供の権利を守るために今後ハーグ条約に基づく返還要請を行う件数も増えるでしょう。

養育費の扱いとは

2014/12/27

養育費は子供の養育する為に必要な費用ですが、もし国際結婚をしていて離婚した場合で相手に親権が有る場合は子供を育てている外国人元配偶者に支払う必要が有りますが、金額は育てる国で大きく変わりますので基本的には育てる国のレートで金額を算出し支払い事になります。

支払い方法は支払先が外国になりますので、基本的には本国に送金すると言う方法が最も多く利用されている方法で多くの離婚した元夫が支払いの時に利用しています。送金方法は銀行でも手続きされる事が多く、もし相手の本国の銀行の支店が近所に有り、相手がその銀行の口座を持っている場合は至急の時は振り込みや口座に入金するなどの方法も考えられます。

日本の法律上では使い道は親権者に一任されていますが、それも相手の本国により法律は異なりますので様々ですが基本的には子供を育て上げる為に使わなければいけないお金ですので、親権者が自分の欲求を満たす為だけに使うのは法律では規制出来ませんが、道徳上問題が有ると言う事は万国共通のモラルでもありますので親権者は使い道を慎重に考える必要が求められます。

外国人元配偶者も日本人元配偶者も子供に対する愛情は万国共通である事は間違い有りませんので、是非とも正しい使い方で子供を立派に育て上げる事を元夫や元妻も期待しているのは間違い有りません。

国ごとに扱いが異なる離婚と親権

2014/12/27

さて、国際結婚をされた人の中で、常に気になるのが離婚やお子さんの権利に関しての問題でしょう。teacher01_mもしあなたの子供のパスポートが、あなたのお相手の国と日本のパスポートを両方持っているのであれば、お子さんは二重国籍になります。
また最近ではハーグ条約が締結され、日本もこの国際法の遵守対象となりました。ですので、もしあなたのお子さんが日本に住んでいるのであれば、お子さんは日本に居なければいけないことになりますが、逆にあなたのお子さんが同じくこのハーグ条約の締結国に居る際は、生活の基盤があるその国に居なければいけません。そしてもし親権や離婚の裁判を裁判所で起こす場合は、そのお子さんが居る場所、そしてあなたと配偶者の生活の基盤があった国の裁判所で、離婚に関しての手続きや法廷での権利の主張を双方に行なうのが妥当でしょう。ただ、日本と違い離婚や親の権利に関しては、その国ごとの定めがあり、もしあなたがそれらに不服であるのであれば、当然の事ながらそれに関しての申し立てを裁判所に申請することができます。
いずれにしても、このタイプの問題は時として法律の素人には複雑となります。もしよりスムースな法的な手続き等を期待しているのであれば、法律の専門家などに相談する事をお勧めします。

国籍と居住地と子供未来

2014/10/28

国際結婚をしたカップルが子供を授かった際、必ず考えなくてはいけない問題が、その子の国籍と、将来的な居住地をどこにおくかということです。また、本人もどこの国を選んだにせよ両親の二つの文化が混ざり合った家庭環境で過ごしているため自分は結局なに人なのだろう?という疑問が生まれてしまいます。
自分の国を選ぶにせよ、相手の国を選ぶにせよメリット、デメリットは多くあります。
例えば日本にいれば安全面は世界トップクラスです。大人がいなくても、夜塾に通う学生たちもいますし、公園に小さな子だけで行くことも出来ます。また、子育てをする上でも世界的に見て識字率は高いですし、教育制度も確立しています。そして進学をする上で、学校の数や種類が多いことも魅力です。逆にデメリットをあげるとまずは英語力の低さです。たとえ父親や、母親が英語など別の言語を話すとしても、周りが話せないので結果として将来的に困る場合が多々あります。また、島国ということもありいまだにミックスや外国の方々への差別問題があります。
パートナーと自分の出身国のメリットデメリットを見極めたうえで、両親で解決策を編み出すことも大切ですが、子供がある程度自己判断が出来る歳であれば、それらの点を伝えたうえでどう感じているのか、どちらが良いのか聞くことも大切です。